甲府デンタルクリニック。甲府市北口。甲府駅北口徒歩5分の噛み合わせのことなら甲府デンタルクリニック。虫歯や噛み合わせでお悩みの方は一度ご相談ください。

審美歯科

審美歯科について(メタルフリー治療)

審美治療(メタルフリー治療)

美しく健康な歯をあなたに
ご要望に合わせて材料をお選びします。

  • 笑うと銀歯が見えて気になる
  • 歯や歯肉の色が気になる
  • 笑顔に自信を持ちたい
  • 金属アレルギーである

このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
そんな方にお勧めする治療が審美歯科治療です。
審美歯科とは、歯の白さや、歯の見た目の美しさに焦点を当てた歯科医療のことを指します。また、金属アレルギーの問題や費用面を考えた、一人ひとりに合った最適な素材をご用意しております。
整った白くて美しい歯を手に入れて、心からの笑顔を取り戻しましょう。

金属アレルギーについて

金属アレルギーイメージ金属アレルギーの多くはネックレスやピアスなどに触れた部分が赤くなったり、強い痒みを生じる「アレルギー性接触皮膚炎」というものです。口腔内に金属が存在することは常に金属アレルギーになるリスク要因です。
歯の治療には合金が使われており溶け出すと体内に入りアレルギー反応を起こすことがあります。皮膚症状や肌のしみ、しわの原因にもなりますし免疫力の低下や老化の原因にもなっております。費用のことを考えなければ生体親和性の高く、審美的にもすばらしいセラミックスの歯を使う事のメリットは大きいです。

歯科で使われる金属

銀合金、金銀パラジウム合金、アマルガム(水銀)など

当院では、金属を使用しないカラダにやさしいメタルフリー治療をご提案致します。

審美修復用の材料

ジルコニア・セラミッククラウン

装飾品にも使われている人工ダイヤモンドです。
第三世代のセラミックシステムです。通常は透明ですが、歯科用に白く加工したものが骨組として使われています。金属は一切使われていません。

高精度コンピューター機械により削り出しを行うので適合は抜群です。
強度・耐久性・生体親和性、審美性全てにおいてとても優れている材質で長期にわたり安定してお口の中の全ての部位で使用できます。
日本ではまだ馴染の少ない材料ですが、欧米・ヨーロッパ、アジア各国では審美修復のスタンダードの材料になっています。

  • 金属を使用していないので透明感があり、歯茎が黒くなりません。
  • ブリッジやインプラントの歯にも使用できます

ジルコニア・セラミック

オールセラミック

オールセラミック骨組に硬質セラミックが使われています。
第二世代のセラミックシステムです。ジルコニア同様にコンピューター制御により削り出しを行うので適合が抜群です。
強度・耐久性はジルコニアより劣りますので歯ぎしりや噛み合わせの強い方の奥歯にはお勧めしません。

主に前歯や小臼歯に使用します。生体親和性・審美性に優れています。

  • ジルコニアと比較して強度は劣りますが、審美性は抜群です。
  • 金属を使用していないので透明感があり、歯茎が黒くなりません。
  • ブリッジとインプラントには使用できません。

ceramic02

メタルボンドセラミック

金属の骨組のセラミックです。20年以上使われている第一世代のセラミックです。
現在でも幅広く使われています、新素材のセラミックシステムと比較すると透明感に欠ける色彩ですが、決して品質が低いセラミックではありません。

新素材と比較してしまうと劣る部分がありますが、現在でも多く一般に使用されています。

  • 強度が強いのでどの歯の部位にも使用できます。
  • ブリッジ、インプラントに使用出来ます。
  • 金属が使われているので透明感が表現しにくいです。
  • 経年的に歯茎との境目が黒くなってくることがあります。
  • 金属アレルギーの方にはお勧めできません。

 

ハイブリット

一般にはハイブリットセラミックと言われていますが、この素材はセラミックではありません。
硬質の樹脂(プラスチック)が素材です。

日本ではセラミックより低価格で白く出来ることから頻繁に使用されています。
審美的にはとても良い材質で綺麗に仕上がりますが、プラスチックは水分を吸収する材質で経年的に黄色く変色が生じてきます。
また、柔らかい材質なので摩耗が早く、奥歯などの噛み合わせが重視される歯に使用した場合には、3~5年で交換をお勧めします。

  • 強度はセラミックと比較して劣ります。
  • 経年的に変色して来ます。
  • 摩耗(減り)が早いです。
  • インプラントやブリッジには使用できません。
  • 前歯にはあまりお勧めしません。
右より:オールセラミックス、メタルボンドセラミック、ジルコニア、ハイブリット

右より:オールセラミックス、メタルボンドセラミック、ジルコニア、ハイブリット

 

ラミネートベニヤ

前歯の表面のみを0.5~0.7mm削って薄いセラミックを張り付ける修復方法です。
小規模な歯の形の改善やホワイトニングでは落とせない歯の変色を改善できます。
最小限のみ歯を削ることで大きな審美効果が得られます。海外や芸能人ご用達の治療法です。

治療回数も2回で終了できます。

  • 噛み合わせの状態によっては適応出来ない事があります。
  • 神経を抜いた歯には使用できません。
  • 100%手作り作業で製作されます。元の歯の色によっては、技工士さんの立ち合いが必要な場合があります。

ラミネートべニア症例写真
ラミネートべニア症例写真
ラミネートべニア

ファイバーポスト

神経を取ってしまった歯はコアという土台(心棒)を歯の根の中に立てる必要があります。
保険診療の場合には銀の合金を使用します。自費診療の場合にはパラジウム合金、金合金が使用されてきましたが、銀やパラジウム合金を使用した場合は接着後に内側で金属が錆びて抜け落ちたり2次的な虫歯が生じるリスクがあります。また歯よりも硬い素材なので歯の根が破折してしまうことがあります。
歯の根が折れてしまったらその歯の保存は不可能です。
金合金は錆びませんが、歯より硬い材質なので破折のリスクがあります。

メタルコア(金属製)
近年、グラスファイバーを用いた土台が開発され、金属の土台の欠点を補うことが可能になりました。
グラスファイバーは身近なものでは釣竿に使用されています。弾性があり本来の歯の弾性に近い材質で錆びません。
回りを強化プラスチックで覆い土台として使用します。

ファイバーコア
当院での自費診療ではファイバーポストのみを使用します。
自費診療を行う場合、既存の金属のポストをファイバーポストに交換することをお勧めします。

虫歯や噛み合わせのことでお悩みなら TEL 055-220-3333 月・火・木・金 9:00-18:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+