生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯菌は存在せず、多くが親や祖父母から感染します。3歳までにむし歯菌に感染しなければ、むし歯になる確率は非常に低くなります。

「同じスプーンやコップを使わない」ということだけに捉われず、家族全員でお子さんの歯を守るという意識をもちましょう。

もちろん、歯周病菌も親しい方から感染します。定期的に歯科医院に通い、ご自身の口の状態を知っておくことは、健康維持の大切な一歩になるはずです。