歯科検診「c」

こんにちは。
甲府デンタルクリニック、院長の石邊です。

みなさんは、学校や職場で歯科検診を受けたときに「C」「C1」とか言っているのを耳にしたことはありませんか?

「C」は、虫歯を意味する「Caries(カリエス)」の頭文字なんです。
このCとアルファベットのO(オー)、数字の1~4を組み合わせて、虫歯の進行具合を表し、数字が大きくなるほど、虫歯が進行しているということになります。
では、簡単にご説明しますね。

【CO(シーオー)】

C0(シーゼロ)ではなく、観察を意味するオブザベーション(Observation)の頭文字「O」との組み合わせのため「シーオー」と読みます。
歯に穴があく前の状態で、歯の表面が白く濁った色(ホワイトスポットと呼んでいます)になったり、ザラザラした感じになります。自分では気付かないことが多い、虫歯の初期段階です。

【C1】

エナメル質が溶け始めた状態で、歯に小さな穴ができます。痛みや自覚症状はほとんどありませんが、灰色や茶色の小さな穴を見つけたら歯医者さんを受診しましょう。

【C2】

エナメル質の下にある象牙質まで虫歯が進んだ状態です。甘い物や冷たい物がしみると感じることがあります。

【C3】

歯の神経やその近くまで虫歯が進行して、神経が炎症(歯髄炎)を起こし、非常に強い痛みを感じます。

【C4】

虫歯が歯根まで達した状態です。歯の根にうみがたまったり、歯の周りにも影響が出るため、歯を残すのが難しくなります。

上記以外にも、治療済みの歯は「〇(まる)」、健康な歯は「/(斜線)」で表されます。
歯科用語の意味を知って、より歯科検診を身近に感じていただけるとうれしいです。

まとめ

虫歯は進行すると治療も大変になってしまうため、初期段階で治療することが大切です。
歯を磨く時に歯に白い斑点や小さな穴のようなものが現れていないかなど、セルフチェックしてみましょう。
少しでも気になることがあれば、ご相談くださいね。