訪問歯科診療の日

こんにちは。
甲府デンタルクリニック、院長の石邊です。

12月18日はお家で歯の治療が受けられる「訪問歯科診療」の日です。

訪問歯科診療サポートを全国で展開するデンタルサポート株式会社が「訪問歯科診療」をさらに多くの人に知ってもらい、いつまでもいい歯を保つことで健康寿命を延ばし、生活の質を上げることを目的に12月18日を「『食べたい』を支える訪問歯科診療の日」としています。日付は「い(1)つ(2)までも、いい(1)は(8)」の語呂合わせです。

今回は「訪問歯科診療」についてお話ししたいと思います。

訪問歯科診療とは?

高齢や病気などによって歩行や外出が難しく、ご自身で歯科医院に通院することが困難な方のために、歯科医師・歯科衛生士がご自宅や施設などに訪問して、診療計画をもとに継続的な診療を行うことです。
緊急時に患者さんの要請に対して、その都度歯科医師が伺う「往診」とは異なります。
お口の健康は食べることだけでなく、生きる力や生活の質にとっても重要のため「訪問歯科診療」を必要とする方が増えています。

訪問歯科診療の対象者は?

基本的に、ご自宅や介護施設などで療養している「身体的・精神的な問題で通院が困難な方」が対象になります。
介護認定を受けている高齢者の方の利用が多い傾向にありますが、年齢制限は設けられていません。

● 知的障害や精神障害がある
● 寝たきりで歯科通院ができない
● 家族などの搬送の助けを借りて通院している

訪問歯科診療の利用条件

訪問歯科診療も保険適用の対象です。
利用する歯科医院から半径16km以内に自宅や介護施設がある場合に限定されるため、注意しましょう。
また、医師の訪問先は原則として患者さんが『寝泊まりしている場所』という決まりがあります。
通所施設(デイケア・デイサービス・障がい者通所施設)は対象になりません。

訪問歯科診療の診療内容

訪問歯科診療では歯科治療や入れ歯の調整、口腔ケア、リハビリテーションなどを行なっています。

歯科治療

むし歯や歯周病の治療を行います。むし歯や歯周病は初期症状がないため、通院していない人は進行に気づきにくく定期的なチェックが欠かせません。
訪問歯科診療では、患者さんの体調を考慮し、無理のない治療を提供します。

入れ歯の調整・製作

合わない入れ歯を使い続けていたり、多くの歯を失ったりしている状態では食べ物をうまく噛めません。しっかり噛むことは食事に必要なだけでなく、脳への刺激になるため認知症予防にもつながります。
訪問歯科診療でも入れ歯の調整や製作が可能です。

口腔ケア

口腔ケアでは患者さんの体調にあわせて、お口の中をきれいにする口腔清掃を行います。
口腔内を清潔にすることは、お口の中の細菌を減らし誤嚥性肺炎の予防に有効で、入れ歯や部分入れ歯を清潔にして管理することも重要なケアです。
口腔ケアを行うことでお口の中がさっぱりし、食事をおいしく感じるなどの効果も期待できます。
※誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん):嚥下機能障害によって食べ物や唾液、胃液などが気管に入ってしまい、お口の中の細菌が肺に入り込んで起こる肺炎です。

口腔リハビリテーション

療養中の患者さんにとって重要な診療内容のひとつが、お口の機能回復のリハビリです。
脳梗塞などを起こした患者さんは口腔機能が低くなり、お口を使わないことで噛む力や飲み込む力(嚥下機能)も落ちることがあるため誤嚥しやすく、誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。
お口の機能を改善するために唇や頬・舌を刺激したり口腔体操を行うなど、患者さんの状態にあわせたリハビリを行います。

まとめ

当院では「訪問歯科診療」を検討されている方のために、ご自宅・病院・施設に訪問する無料の訪問歯科検診を実施しています。
健康寿命の延伸と生活の質向上のためにも、気軽に相談してください。
訪問歯科診療は、条件さえ合えばどなたでも利用できますので、詳しくはコールセンター0120-76-4182(平日9時〜20時)までお問い合わせください。