ウインタースポーツ

こんにちは。
甲府デンタルクリニック、院長の石邊です。

1月12日は「スキーの日」です。1911年(明治44年)、オーストリアのテオドール・フォン・レルヒ少佐が、新潟県高田の陸軍歩兵連隊で日本人に初めてスキーの指導を行ったことから生まれた記念日です。
ソチ五輪ジャンプ団体で銅メダルの清水礼留飛(れるひ)選手の名前の由来もこのレルヒ少佐です。
さて、みなさんはスキー・スノーボード・スケートなど、ウインタースポーツはいかがですか?
リフトで昇っていくときに楽しみな気持ちになりますよね。

ウインタースポーツで気を付けて欲しいこと

ウインタースポーツは楽しいのですが、転倒や衝突など、ヒヤッとすることも……。
有名な元サッカー選手、デビッド・ベッカムさんも初挑戦したスノーボードで門歯(前歯)を折ったというニュースも過去にありました。
万が一、歯が折れてしまった・欠けてしまった場合には、まずは落ち着いて口の中の状況を確認するとともに、折れた歯の欠片を探します。
元通りにすることは難しいですが、治療に生かすことができる場合もあります。
折れた・割れた歯が見つかったら、細かな欠片も残らず保管しましょう。
乾燥が大敵のため、生理食塩水に漬けて保管します。
浸透圧の問題から水道水の中に保管はしないようにしてください。
生理食塩水の代用として、スポーツ飲料水・コンタクト保存液・牛乳などは比較的身近な歯の保存に利用できる液体です。
そして、患部には自分で触れることは避け、できるだけ早く歯科医院で受診してください。

まとめ

ウインタースポーツだけでなく、雪が降ったり積もったりすると路面が滑りやすくなり、思わぬ転倒で歯が欠けたり折れたりすることがあります。
欠け方が軽度の場合でも、痛みなどがあまりないからと放置することのないようにしてください。
その部分から炎症が起きて症状が重くなる場合も……。
せっかくの楽しいウインタースポーツ、事故やケガがないように楽しんでくださいね。